読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年シニア 55歳から味わう国語

50半ばから人生を味わうために国語力アップを目指す記録・顛末

少年文庫№8南極のペンギン(高倉健)

少年文庫

 

南極のペンギン  文:高倉健 画:唐仁原教久 2001年2月刊 集英社

 

 惜しまれながら昨年末に亡くなった健さんのエッセイ風絵本だ。

エッセイ風としたのは、短編すべてが実体験や実際の人のお話だから。

でもエッセイと言い切るのもなにか違和感がある。

健さんの実話ベースのショートストーリーという感じだろうか。

 

まず出だしからして健さんらしい。

   ぼくの名前は高倉健。映画俳優の仕事をしている。もう40年以上も映画の仕事をしている。

これだけの短い文で2回も「仕事」という言葉が出てくる。実に健さんらしい。

 

健さんが映画の撮影などで知り合った様々な人や動物たちのとの出会い。例えば

 

 砂嵐がやって来そうなことを知り、じっとその場で誰かの助けを期待することなく耐え忍ぶアフリカの少年、そしてそれを見て見ぬふりをする大人たち。そこに意味を感じ、自分もあえて手を貸さず心の中で少年を激励する健さん。

 

北極でのロケでブリザードに遭遇し大ピンチに陥った健さんたちを助けてくれたインド人ガイドのお話。インド人が本当に北極ガイドが務まるのかと疑っていた自分を恥じる健さん。

 

日本人の女性との別れから「冗談じゃないよ!」という日本語が口癖になってしまったハワイのベトナム料理人サムさんの想いや愚痴を聞いてあげる健さん。

 

やっと遭遇できた南極のペンギンたちが、巣作りのため石を拾ってきて、そのことで喧嘩をしたり協力しあう姿をみて、ただただ感動する健さん。

 

沖縄・石垣島の大人も加わる運動会に感激し、「僕は俳優だからよく人から拍手されるけど、拍手されるよりも拍手する方がずっと心が豊かになる」と断言して島の人たちに拍手をおくる健さん。

 

でも何といっても、健さんが愛してやまないお母さんとの話が一番絶品だ。

映画のポスターを見て、健さんがアカギレをおこしているのを発見して

 アカギレが足にできちょるね。もう寒いところで撮影しなさんな。会社の人に頼んでみたらどうかね

と健さんに訴えるお母さん。いつ心配してくれるお母さんに感謝しつつ、ついケンカになってしまう健さん。

お母さんがなくなった時に「どうしても別れたくない」と思って、お母さんの骨をかじった健さん。

「人生には深い喜びがある。骨になっても別れたくないと思える愛する人に出会える喜びだ。僕の心の中には、お母さんがずっと生き続けている」と断言する健さん。

本書を読めば、健さんが何に価値をおいて生きてきたのかがみえてくる。

まさに文は人なりだと思った。