少年シニア 55歳から味わう国語

50半ばから人生を味わうために国語力アップを目指す記録・顛末

少年文庫№4 「五月三十五日」   (ケストナー)

 

五月三十五日 ケストナー少年文学全集(5) 著者 エーリヒ・ケストナー 訳者 高橋健二 1962年6月刊 岩波書店

 

 少年文庫は、前回に引き続きケストナーです。五月三十五日なんて人を喰った表題からして期待をもたせますね。ケストナーの作品はユーモラスな中にも結構ストーリー自体は現実に根差したものが多いのですが、本書は、完全に空想ものです。もちろんおふざけだけのナンセンス小説ではなく、ケストナーの主張がきっちりとちりばめられていて、読後感は相変わらず爽快です。

            🐴    🐴    🐴    🐴

 主な登場人物は、少年コンラートとその叔父で薬剤師のリンゲルフート、そしてサーカスから暇を出されて今は失業中の馬のネグロ・カバロ。この2人と1頭が、南洋の島を目指して旅に出るという話です。5月35日木曜日、少年コンラートは何故か算数ができるので空想力に欠けるというわけのわからない理由で、先生から南洋についての作文の宿題を課されます。そこで空想好きの叔父リンゲルフートが南洋に実際に出かけようと発案したところ、人と会話できる馬のカバロが、古いタンスの中にはいればそのまま南洋に着くといいだし、実際に旅が始まります。「どこでもドア」を発明したのは、藤子不二雄ではなくケストナーだったのかも知れません。

            🐴    🐴    🐴    🐴

 旅は始まったのですが、すぐには南洋にはつきません。途中で「体重が125㌔以下だと追放されるナマケモノの国」「過去の英雄が戦争ごっこをしている偉大な過去の城」「子供ではなく子供にひどいことをしている大人が厳しく教育される逆さの国」や「生活に必要なものは全て機械がやってくれる電気都市」での珍道中を経て、ようやく南洋の島にたどりつきます。南洋の島では意外にも、これまで通ってきたところと比べると普通の様子です。赤道を磨いている女の人以外は(笑)

このことから南洋での出来事がメインではなく、それまでに至る道程がメインであることがわかります。人生や旅は到達点が大切なのではなく、そこに至る過程が大切だということをいいたいのかも知れません。

            🐴   🐴   🐴   🐴

 まあとにかくケストナーの発想の凄さにびっくりするのですが、本書でケストナーが言いたかったことはやはり「こどもの視点で物事を観る」ということに尽きると思います。本書に登場するそれが出来ない大人の滑稽な姿を通して、子供と大人のあるべき姿をケストナーは読者に問いかけているのです。こどもがこどもらしさを保持するためには、リンゲルフート叔父さんのような、少年の心根を残しこどもを理解しようとする柔らかな大人、そして南洋のようなありのままの自然や動物たち必要だということでしょう。

            🐴   🐴   🐴   🐴

 本書には、この小説のあとに詩や警句なども掲載されていますが、最後にケストナーらしいなーと思う文を二つ抜粋します。

・意地悪な醜い大人だって、子どもの時は非のうちどころがないくらいだった

・よいことなんて、世の中にはない。よいことをおこなうことがあるだけだ。