少年シニア 55歳から味わう国語

50半ばから人生を味わうために国語力アップを目指す記録・顛末

創作詩 そいつ

 

そいつは いつかやってくる

実が熟した無花果のように もしくは 突然の嵐のように

そいつは きっとやってくる

そいつがやってきたら 拒むことはできないし

拒んでもいけない

そいつがやってきたら そいつに従って歩め

そいつは 今まで通ったことのない道を指さして

この道を歩めと僕にいうに違いないが

そいつを信じて たじろがずに その道に足を踏み入れよ

一歩足を踏み入れた瞬間に 

そいつは その道の門を閉ざすはずだ

もう自分以外にその道には入れないし 戻ることもできない

でも そいつを最後まで信じて その道をきっぱり行け

そいつの正体を 僕は知っている

だから僕は きっぱり行く