読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年シニア 55歳から味わう国語

50半ばから人生を味わうために国語力アップを目指す記録・顛末

少年文庫№8南極のペンギン(高倉健)

文:高倉健 画:唐仁原教久 2001年2月刊 集英社 惜しまれながら昨年末に亡くなった健さんのエッセイ風絵本だ。 エッセイ風としたのは、短編すべてが実体験や実際の人のお話だから。 でもエッセイと言い切るのもなにか違和感がある。 健さんの実話ベースのシ…

少年文庫№7             シーラカンスとぼくらの冒険

文:歌代 朔 絵:町田 尚子 2011年9月刊 あかね書房 シーラカンスとは約4億年前に誕生し恐竜が絶滅した白亜紀末(6500万年前)に絶滅したと思われていたが、現在でも生存が確認された魚(生きた化石)だ。 陸地を歩くことができそうな立派な胸ビレと腹…

少年文庫 №6 魔法のカクテル       (終わりよければすべてよし)

著者ミッヒャエル・エンデ 訳者 川西芙沙 1992年6月刊 岩波書店 「モモ」で有名なミヒャエル・エンデの晩年の作品です。「モモ」同様、風刺のきいたお話ですが、よりユーモラスに仕上げているなと感じました。風刺の対象は「お金の奴隷となった科学技術…

少年文庫№5 モ モ (エンデ)

著者 ミヒャエル・エンデ 訳者 大島かおり 2005年6月刊 岩波書店 業務の効率化は経営の永遠の課題のようで、手を変え品を変えては実行に移されますが、その陰で行き過ぎた効率化により様々な弊害が起きています。それは業務のみならず、時に人間をもその強…

少年文庫№4 「五月三十五日」   (ケストナー)

著者 エーリヒ・ケストナー 訳者 高橋健二 1962年6月刊 岩波書店 少年文庫は、前回に引き続きケストナーです。五月三十五日なんて人を喰った表題からして期待をもたせますね。ケストナーの作品はユーモラスな中にも結構ストーリー自体は現実に根差したものが…

少年文庫№3 小さな男の子の旅 (ケストナー)

著者 Eケストナー 訳者 榊直子 1996年1月 小峰書店 ケストナーというと「飛ぶ教室」や「エーミールと探偵たち」が有名ですが、こちらの短編は、まだケストナーが児童作家としての地位を確立する前の作品です。ケストナーは「甘ったるいだけの児童向けの小説…

少年文庫№2海底二万里(ヴエルヌ)

【著者】ジュール・ヴェルヌ 訳者 私市保彦 2005年8月刊 岩波書店 SFを読んでいつも驚かされるのは、SF作家の凄まじいほどの好奇心と知識です。例えば国内だと、「日本沈没」や「復活の日」で有名な小松左京やショートショートの星新一。海外ではAアシ…

少年文庫№1 ロビンソン漂流記   (デフォー)

【著者】ダニエル・デフォー【訳者】吉田健一 1951年6月4日刊 新潮社 この話のキーワードは「孤独対応力」「生きる力」「突破力」というところでしょうか。ムム これ全てシニア世代の課題ではないですかね。こどもの頃読んだときは、ただ単に「無人島を舞…